タイ料理を提供する居酒屋

最近の居酒屋は世界各国の料理を堪能出来る博物館のようなお店が増えています。
そんな居酒屋の中でも特に注目を集めているのがタイ料理を提供する居酒屋です。
先日利用した吉祥寺にある居酒屋個室のお店でも近いものを食べましたがやはり本場の料理は違いそうです。

 

タイはアジアの中でも旅行先として人気の高い国であり、その影響もあってかタイ料理が日本で食べられる光景をよく目にするようになりました。
今回は、こうした居酒屋を訪れる前にぜひ知っていただきたいタイ料理の特徴について詳しく見ていきましょう。
タイ料理といえば香辛料をふんだんに使ったものをイメージされている方が多いと思います。

 

代表的なタイ料理であるトムヤムクンも、そうしたイメージを生み出す一因といえます。
トムヤムクンは辛みの強いスープばかりに目が行きがちですが、もともとは煮込み料理の一種です。

 

タイの名産である海老やハーブをナンプラー、トウガラシ、エシャロットをベースにしたスープで煮込んでいます。
タイ料理を提供する居酒屋へ行ったら、具材の美味しさにも注目してトムヤムクンを食べてみてください。
タイ料理にはヤムという名前のサラダが存在します。

 

野菜を和えるだけというシンプルな料理ですが、パクチーやトウガラシ、ニンニクといった刺激の強い素材で作られたドレッシングをかけるのが特徴です。
このドレッシングのおかげで味にアクセントが生まれるので、お酒のおつまみとしても重宝されています。

 

タイ料理を提供する居酒屋ではタイの地酒であるウィスキーやビールを堪能することが出来るのでぜひお試しください。
どちらも比較的まろやかな味わいで、辛めの味付けが多いタイ料理と非常によく合います。
今までタイ料理をあまり食べたことが無いという人も、ぜひ一度居酒屋へ足を伸ばしてその美味しさを体験してみましょう。